【Instagram】広告主は、インフルエンサーのオーガニック投稿を広告に変換できるようになった

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【Instagram】広告主は、インフルエンサーのオーガニック投稿を広告に変換できるようになった
同社は3月に、インフルエンサーのオーガニック投稿を広告に変換するという新しい広告フォーマットを一部のブランドでテストしていたことを認めた。

(サムネイル画像はMarketing Landから引用)

※本記事は下記記事の日本語訳になります
Instagram advertisers can now convert organic influencer posts into ads

ニュース概要

Instagramは、ブランドコンテンツ広告をすべての広告主にロールアウトし、ブランドが関係するインフルエンサーからのオーガニック投稿を使って広告を作成できるようにした。同社によると、ブランドコンテンツ広告は今後数週間ですべての広告主が利用できるようになり、ストーリー向けブランドコンテンツ広告は今後数カ月のうちに展開されるという。

ブランドがインフルエンサー投稿を広告として使用できるようにするには、コンテンツ制作者はビジネスパートナー(関係のあるブランド)に記事を宣伝するためのアクセス権を付与する必要があります。制作者またはインフルエンサーが[詳細設定]ページでこれを行うと、ブランドはインフルエンサーの投稿を[既存の投稿]の広告マネージャーで表示することができ、Instagramニュースフィードまたはストーリー形式の広告としてコンテンツを掲載できます。


なぜこのニュースが大事か

インフルエンサーマーケティングは急速に成長しています。Socialbakersからの最近の報告によると、Instagramのインフルエンサーは昨年から150%多くのスポンサー付きコンテンツを投稿している。
一方、Facebookが委託したIpsosの調査によると、毎日のInstagramユーザーの68%が、クリエーターとのやり取りに同アプリを使用していると報告している。

ブランドコンテンツを配信するクリエイターが増え、自分の好きなインフルエンサーが共有しているものを見るために集まるユーザーが増えるにつれて、ブランドが注目を集めるのは自然なことです。また広告主やインフルエンサー双方が便利になり、またInstagramの収益を上げるのにも役立ちます。

“インフルエンサーが直接コンテンツをプロモートをすることを進めていくことは、ブランドが進めるより本質的に信頼性の高い投稿を提供することにつながります。”とオールドネイビーのVP of brand communications担当のLiat Weingartenは述べています。"この戦略を使用すると、エンゲージメント率が大幅に向上します。"

ブランドが広告としてインフルエンサーの投稿を使うことを選択した場合、投稿にはブランドの名前を一覧表示する「有料パートナーシップ」の言語が含まれます。


Instagramの近況

・Instagramは、3月にブランドコンテンツ広告をテストしていることを最初に認めたが、その時点では広告フォーマットを一部の広告主にしか提供していなかった

MediaKixの2019年インフルエンサーマーケティング調査によると、マーケティング担当者の89%がインフルエンサーマーケティングのROIが他のマーケティングチャネルと同等かそれ以上であると報告しています。調査対象となったマーケターの2/3が、今年はインフルエンサーマーケティング予算を増額すると答えた

・最近、Instagramが投稿から「いいね」の数を削除することをテストした - インフルエンサーマーケティング代理店によると、インフルエンサーからより高品質のコンテンツがもたらされるだろうと述べている


 

本メディアの運営会社であるアドヴァンテージの 自社採用サイトASP「JOB!BASE」では、この度Google for Jobsに完全対応しました。(もちろんIndeedも対応済み)。

もう少し内容や、昨今の採用市場も絡めたお話を聞きたい。
そういったお声には、無料セミナーも開催していますで、お気軽にご参加いただければと思います。

自社採用サイト構築、Indeed、Google for Jobs、各種web広告などのお問い合わせは、コチラからいただければと思います。



求人・採用に関すること、まるごと相談にのります!

採用でお悩みのご担当者様、
どんなことでもお気軽にお問い合わせください。