Google、画像検索結果にシェア可能なGIFを追加

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Google、画像検索結果にシェア可能なGIFを追加
Googleの画像検索結果に、ユーザがシェア可能なGIFが表示されるようになりました。

※本記事は下記記事の日本語訳になります
https://www.searchenginejournal.com/google-adds-shareable-gifs-to-image-search-results/314305/

ニュース概要

Googleは画像検索結果に「GIFの共有」セクションを設け、ユーザーがさまざまなアプリで即座にGIFを共有できるように変更を行いました

上記画像のように、Googleのアプリから画像検索→GIFタブをタッチして表示される
Share GIFsのGIFのことな様子です。

この機能は、昨年Tenorを買収してから大きく成長したGoogle自身のGIF検索エンジンを利用しています。

Googleによると、GIFに対する検索の関心はここ数年で3倍近くになったそうです。

“GIFは、友人や家族とのコミュニケーションに欠かせないものとなっています。テキストメッセージ、電子メール、オンラインでの投稿を問わず、私たちは常に完璧なGIFを探しています。実際、過去5年間でGoogle画像検索においてのGIF検索はほぼ3倍になっており、ユーザーはコミュニケーションに使いやすいGIFを探しています。”とGoogleは述べています。

Googleの検索インデックスに含まれるGIFは、ストリーミングサービス、映画スタジオ、YouTubeのコンテンツ制作者が利用できます。

最適なGIFが見つからない場合、新しいものを追加できます。
コンテンツプロバイダー、GIF作成者、またはGIFプラットフォームは、GIFをTenor.comにアップロードすることで、Google Imagesの新しいセクションにGIFを投稿することができます。

Googleによると、この機能は2019年6月27日からiOSとAndroidのGoogleアプリで利用できるそうです。

将来的には、Googleが提供するGIF共有機能が、より多くのプラットフォームのより多くのブラウザで利用できるようになるでしょう


まとめ~ライター所感~

英語圏のTwitterなどではリプライをGIFでやっているのが見受けられますね。

日本ではそこまで浸透していないGIFリプライですが、こうやってGIFを簡単に探して使えるようになると、LINEのスタンプのような形で広まるかもしれませんね。


合わせて読みたい

 

本メディアの運営会社である株式会社アドヴァンテージが提供する
自社採用サイトASP「JOB!BASE」では、この度 Googleしごと検索(Google for Jobs)に完全対応いたしました。(もちろんIndeedも対応済み!)

『もう少し詳しい内容を聞きたい』
『昨今の採用市場を絡めた話を聞きたい』
そういった方にぴったりの、
自社採用サイトや採用業界に特化した無料セミナーも開催しています。

自社採用サイト構築・Indeed・Googleしごと検索(Google for Jobs)・各種WEB広告などに関するご相談やお悩みにつきましては、各サービスに関する問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。


求人・採用に関すること、まるごと相談にのります!

採用でお悩みのご担当者様、
どんなことでもお気軽にお問い合わせください。