Indeedに無料掲載する二つの方法を解説!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Indeedに無料掲載する二つの方法を解説!

Indeedは求人情報を掲載する専門の検索エンジンです。求人情報だけに特化したGoogleとイメージしてもらえば良いでしょう。「勤務地+職種・募集・採用」など、求人に関係のありそうなキーワードで検索をかけると表示されます。

 

正社員だけでなくパートやアルバイトの求人も掲載できます。求人掲載サイトには有料のサービスが多いのですが、Indeedには無料で求人を掲載することも可能です。しかも無料掲載に関して、採用の際の成功報酬などもかかりません。

 

Indeedに無料掲載するには主に2つの方法があるので、その方法による違いや有料オプションとの違いを知っておきましょう。

Indeedの無料掲載方法は「直接投稿型」と「サイト読込型」の二つです

Indeedは情報掲載依頼があったものに限らず、ネット上で公開されているあらゆる求人情報を見つけてきて、検索されたキーワードにマッチした情報を表示します。その圧倒的な情報量が評価され、日本国内で月間訪問数は3,460万の大規模求人検索エンジンとなっています。
※Similar Web, 総訪問数, 2020年1月

表示された求人情報のうち、左下の隅に「スポンサー」と表示されている情報は有料掲載、そうでない情報が無料掲載されているものです。その無料掲載方法は、大きく分けて次の2つに分けられます。

直接投稿型

Indeedのアカウントを取得し、直接求人情報を作成してそれを掲載してもらう方法です。手順はごく簡単で、自分が登録した通りの内容が表示されます。自社の採用サイトや採用ページを持っている場合はそれを登録し、リンク表示させるという方法もあります。

サイト読込型

自社の採用サイトや企業サイト内にある採用ページを、Indeedの掲載条件に合った仕様にし、Indeedの検索エンジンにそのページを求人情報だと認識してもらう方法です。検索エンジンに見つけてもらう方法を「クローリング掲載」ともいいます。

このほかに、Indeedの有料オプションを契約している他の求人サイトに出稿するという方法もあります。ただし有料オプションの利用期間等は自分が自由に決められるわけではありません。

直接投稿型の具体的な掲載手順

直接投稿型でIndeedに求人情報を掲載する場合、具体的には次のような手順で進めます。

Indeedの求人掲載ページを開く

まずはアカウントを作成しましょう。検索エンジンに「Indeed」と入力し、検索します。Indeedのサイトが検索結果の一番上に出てくるはずなので、その中の「求人広告掲載」の項目を選んでクリックしましょう。

ログインorアカウント作成

「ログイン」もしくは「無料で求人掲載する」というボタンをクリックすると、アカウントの登録画面が開きます。メールアドレスとパスワードを決め、登録しましょう。GoogleアカウントやFacebookアカウントでログインすることも可能ですが、もし担当者が複数人いるなら、メールアドレスとパスワードで登録しておいたほうが無難です。

すぐに登録したメールアドレスに確認メールが送られてくるはずなので、メール内の指示に従って指定のURLにアクセスしましょう。アカウント情報として、「会社名」「従業員数」「担当者名」「電話番号」「Indeedを知った方法」などの入力が求められます。

企業情報と募集職種の入力

いよいよ求人情報の入力です。まず募集職種名を入力しましょう。16文字以内で、詳細がわかるよう記載することが推奨されています。会社名はそのまま書けば問題ありません。勤務地も募集職種同様、16文字以内で詳細の記載が推奨されています。

応募受付の設定

次に登録するのが、実際に求職者が応募する方法です。

・メール

Indeedのサイトを通してメールを受け取る際のメールアドレスを設定します。複数のアドレスが登録できるので、素早い対応のためにできれば複数人の担当者のアドレスを登録しましょう。

・電話

電話での問い合わせは受け付けるか受け付けないか決められます。「メールは面倒なので電話で直接問い合わせよう」という求職者も多いので、できれば受け付ける設定にしておきましょう。

・直接応募

問い合わせなしで、直接郵送による応募書類を受けつける場合などがこれにあたります。住所とともに、応募方法の説明を記載しておきましょう。

雇用形態と給与、仕事内容の入力

雇用形態はそのまま記載すればよいのですが、給与は「●●円~●●円」のように幅を持たせて入力できます。経験やスキルなどの要素によって決めたい場合は、最初から幅を持たせて入力しておきましょう。

「仕事内容とアピールポイント」は他社と差別化する上で非常に重要な項目です。同業他社のこの項目をしっかりと読み込んで情報を集め、求職者に自社の魅力や仕事のやりがいが伝わるよう情報を入力しましょう。

「求める人材」「勤務時間/曜日」「交通アクセス」「待遇/福利厚生」なども入力し、できるだけすべての項目を埋めてください。それ以外にも自社のアピールに繋がる情報があれば、「その他」の項目に入力します。

応募者への質問項目の設定

Indeedの求人掲載は、応募者に入力してもらう項目も自社で決められます。自由だと思うとついいろいろと聞きたくなってしまいますが、入力項目が多いと応募者が減る傾向にあるため、むやみに増やしてはいけません。入力途中で疲れてしまい、採用ページから応募者が離脱してしまうのです。

「学歴」「生年月日」「氏名のふりがな」「性別」「職務経験」「勤務地」「資格/免許」「言語」などの中から、必要な項目を選び設定してください。

スポンサー求人の利用の有無を決定

求人情報をひと通り入力したら、最後に「有料オプション(スポンサー求人)」「無料掲載」のどちらに掲載するかを選びます。無料での掲載を希望する場合は当然、無料掲載を選択しましょう。有料オプションを利用する場合は、さらに表示設定やクリック単価などを入力します。

サイト読込型の具体的な掲載手順

次に、サイト読込型の具体的な掲載手順を見ていきましょう。

サイトに必要な条件を満たした状態で掲載依頼

サイト読込型を利用するには自社の採用サイトや採用ページがあることが前提条件となります。そのページを、Indeedの規定に合うよう最適化していくと考えましょう。

Indeedのサイトでは、次のような条件が明示されています。

条件 概要
対象のサイトがHTML形式で作られている Indeedでは求人情報の内容をテキストとして読み込みます。PDF内の文章や画像で求人情報を提示していると、読み込まれません。
応募方法が明示されている 「応募書類をご郵送ください」「応募フォームよりエントリーしてください」など、サイト内に応募条件が明記されている必要があります。
仕事内容、勤務地、勤務条件などの情報がある Indeedでは、仕事内容、雇用形態、給与、勤務時間・曜日、休日、勤務地、最寄駅などの情報が読み込まれます。勤務地は都道府県だけでなく市区町村まで明記するなど、詳しく書くことを意識しましょう。
募集職種ごとに採用ページが分かれている Indeedの検索エンジンには1つの職種+1つの勤務地が1つの求人と認識されるので、複数の職種や勤務地で募集を行う際は、それぞれに採用ページを分けましょう。募集ごとに固有のURLを設定すると、読み込まれます。

よくある掲載NG例

「Indeedの規定に合うよう最適化したはずなのに、なぜかいつまで経ってもIndeedに表示されない!」という声は少なくありません。理由はさまざまなのですが、よくある理由としては次のようなものが考えられます。

・1URL、1職種になっていない

「職種や勤務地ごとにページを分ける」という点は、見落としがちな項目です。同じページ内で2つ以上の職種、勤務地の募集を出していないか確認しましょう。

・具体的な業務内容の記載がない

たとえば、同じ「受付」という仕事でも、「デパートのインフォメーションセンター」「動物園のチケット販売」「大手企業のエントランス」など、業種によって仕事内容は大きく変わってきます。「業種+職種」とするなど、ある程度具体的な働き方がイメージできるような言葉で書くことが大切です。

また、社内でだけ通じる言葉ではなく、一般的によく検索される職種であるかどうかという点にも注意しましょう。業務内容も具体的に説明してください。

・勤務地が明確に記載されていない

よくあるパターンが、勤務地として都道府県までしか記載されていないというものです。同じ県内であっても、県庁所在地と町村部で状況が大きく違うため、都道府県だけでは求職者にとって有益な情報とはいえません。最低でも市区町村までの勤務地情報を載せる必要があります。

・応募方法が明確に掲載されていない

応募方法が明記されていない場合も表示の対象外となります。エントリーや応募のボタンがあれば一番わかりやすいですが、そうでなくても構いません。「応募書類を●●へご郵送ください」「担当の●●までお電話ください」といった具体的な方法が、応募方法の項目に明示されていることが大切です。

具体的な応募方法が画像で明示されている場合、テキストとして読み込めないのでIndeedの検索エンジンが認識できません。HTML形式の状態で明示しておきます。

掲載のアドバイスをしてくれる代理店活用も一つの手段

「せっかくIndeedに掲載したのに、思ったほど応募が集まらない」という場合は、Indeedに特化した求人広告の代理店を活用するという方法も考えられます。この場合は有料でのIndeed広告(スポンサー求人)運用となりますが、しっかりとしたノウハウを持った代理店に依頼すればより効率的に求める人物像に近い求職者への働きかけが可能になります。

たとえば、まったくIndeedに関する知識がないと、他社と差別化するためにどのような項目を充実させるべきかもよくわかりません。単に情報を載せているだけで、企業の魅力が伝わらないコンテンツばかりだと広告効果が出ないので、意味がないことになります。

広告代理店は求人広告を充実させ、他社と違った魅力を発信するために何が必要なのかをアドバイスしてくれます。さらにそれだけでなく、「広告の表示回数」や「クリック率」、「応募率」などの情報を生かしてそれらを改善しながら運用してくれます。「せっかく掲載するなら効果を上げたい」という人は、検討してみてはいかがでしょうか。

求人・採用に関すること、まるごと相談にのります!

採用でお悩みのご担当者様、
どんなことでもお気軽にお問い合わせください。