Indeedの掲載料はどのぐらい?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Indeedの掲載料はどのぐらい?

求人専用の検索エンジン「Indeed」は、テレビCMの効果もあって今やすっかり一般的になりました。
実はIndeedは無料で情報を掲載することもできますが、有料オプションにするかどうかで掲載の方法や期待できる効果が変わってきます。

 

こちらでは運用方法による違いと合わせ、Indeedの掲載料をご紹介していきます。

Indeedは月間3,000万人が利用する日本最大級の「求人検索エンジン」

そもそもIndeedとは、インターネット上から求人情報を自動的に収集し、検索キーワードに沿ったものを表示する求人情報専門の検索エンジンです。Googleがインターネット上から検索キーワードに沿ったサイトをピックアップしてくれるのと同じような仕組みで、対象が求人情報だけという特徴があります。

もともとはアメリカで生まれた会社でしたが、2012年にリクルートが買収。そこから日本国内の利用者数を伸ばし、月間利用者数約3,000万人にも上ります。「仕事探しはIndeed♪」という曲に載せたテレビCMを、ご覧になったことがある方は多いのではないでしょうか。

タウンワークやハローワーク、個別の企業の採用サイトおよび採用ページ。これらの情報をすべて集め、特定のキーワードに沿った求人を横断的に紹介してくれるのです。

求職者からすれば、いくつものサイトを訪問してコツコツと情報を集めなくても、自分の希望する条件に合った求人を見つけられるという大きなメリットがあります。無料掲載によって情報を充実させることで利用者に対するサイトの利用価値を高め、多くの情報の中で優先表示される有料オプションのアクセス数を増やしていると考えれば良いでしょう。

Indeedの掲載料を知る前に知っておきたい3つの運用方法の違い

Indeedにはいくつかの運用方法があり、それによって費用や使い方が大きく変わってきます。

Indeed直販での自社運用

Indeedのサイトを直接訪れてアカウントを作成し、求人情報を登録して有料オプションに申し込む方法です。登録情報を入力する際、最後に無料掲載と有料オプション(スポンサー求人)のどちらかを選ぶ項目があり、スポンサー求人を選択します。

スポンサー求人の情報は、無料掲載よりも優先して検索結果に表示されるので、一般的に応募者が集まりやすくなります。登録した内容がそのまま表示されるため、求人情報を充実させ、他社との差別化を図らなければなりません。実際の応募につなげるには運用ノウハウが必要なので、担当者がIndeedの運用について勉強する必要があります。

Indeed広告代理店による代理店運用

近年求人広告の代理店の中で、Indeedの求人掲載に特化した業者が増えてきました。

Indeedの求人掲載で検索順位をより上位に押し上げたり、求職者に効果的に企業をアピールする求人広告を作成したりするためには一定のノウハウが必要です。そうしたノウハウを持っていて、より効果的な運用を実現するためのアドバイスをしてくれるのがIndeed広告代理店です。

広告代理店はスポンサー求人を効率的に使うためのアドバイスや、実際の運用もしてくれます。

また、自社で採用サイトや採用ページを持っている企業なら、そのサイトの情報をIndeedの検索エンジンに表示してもらうための最適化も依頼できます。代理店によってサービスの内容は変わるので、依頼する前にどこまで対応してもらえるのか確認しましょう。

Indeed無料掲載

Indeedは無料による掲載も可能です。登録する方法は、基本的にIndeed直販での自社運用と変わりません。登録の最後に有料と無料のどちらを選べる項目があるので、そこで無料掲載を選択しましょう。

無料掲載にはアカウントを作成して自分で登録する方法のほかに、Indeedの検索エンジンの検索対象となるよう採用サイトや採用ページを最適化するという方法があります。また、自社の採用サイトや採用ページを登録し、リンク表示させても構いません。

無料掲載を利用する場合、単に情報を載せただけで満足しがちで、思うように応募が集まらないケースもよくあります。実際の応募に繋げるには他社との差別化を打ち出し効率的に情報が表示されるよう運用しなければならないので、担当者の勉強と工夫が必要です。

Indeed掲載料の仕組み

Indeedの求人掲載は、スポンサー求人が優先表示されます。Indeedの掲載料は、具体的に次のように決められています。

クリック課金型

求職者が求人をクリックした回数に応じて費用が発生する仕組みです。クリックされなければ費用も発生しないということです。求職者は職種や勤務地などの基本情報で絞り込んで求人情報を検索しているので、クリックした人の応募率は比較的高くなります。つまりその求人の対象者以外に、無駄なお金をかける可能性が低いということです。

入札制なのでクリック単価の上限も設定可能

1クリック当たりの費用は入札制で決定します。「募集地域」「業界」「職種」など、多様な要因がクリック単価に影響します。クリック単価の上限も設定でき、それ以上になる場合は検索結果に表示されません。

ただし上限単価をあまり低く設定すると、業界や募集職種によっては表示回数が減り、応募が減る可能性があります。表示回数など、状況を見ながら調整する必要があります。

支払いはチャージ性なので上限金額もコントロールできる

Indeedのスポンサー求人は、最初に掲載料としてチャージした金額の範囲内で運用します。求人を掲載したところ予想以上に反応がよく、クリック数が増えてチャージ金額を急速に消費したとしても、チャージ金額を超える金額がかかることはありませんので安心です。

掲載の開始や停止、再開などの操作も、インターネット上からいつでも自由に行えます。

業界、職種ごとのクリック単価目安

クリック単価は次のような数式で算出します。1クリックあたりの上限単価は、15円から1,000円の間で自由に設定でき、入札制でその時の単価が決定します。

クリック単価=広告費用÷クリック数

それでは業界や職種ごとに、いくつかのクリック単価の目安を見ていきましょう。人気の職種やライバルの多い時期には、入札が多くなるのでクリック単価が上がります。

職種 地域 単価の目安
営業・カウンターセールス 北海道 150~200円
関東 350~430円
中国 180~200円
九州 150~200円
配送スタッフ 北海道 54~81円
関東 113~169円
中国 69~104円
九州 133~200円
一般事務 北海道 34~52円
関東 77~116円
中国 35~52円
九州 42~63円

営業職は募集に対して応募が少ない傾向にあるため入札数が多く、費用が高騰しているということがわかります。反対に人気が高い職種である一般事務は、単価が安くなっています。つまり求職者のニーズが高い情報は、安く掲載できるということです。

地域ごとの格差が大きいということも、この表からお分かりいただけるのではないでしょうか。一般的に都市部になるほど、クリック単価は高くなります。

Indeed掲載は代理店運用がおすすめ

ここではいくつかの職種についてクリック単価の目安を抜粋してご紹介しましたが、職種はほかにも無数にありますし、時期によっても大きく目安が変わってきます。このようなクリック単価を設定しろといわれても、一般の方には相場がまったく判断できず、設定しにくいのではないでしょうか。

そうした際に頼りになるのが、Indeedの掲載に特化した求人広告代理店による運用です。他社との差別化が図れる掲載内容の作り方はもちろん、検索キーワード設定の最適化など、効率的にターゲットとなる求職者へ情報を届けるためのノウハウをアドバイスしてもらえます。

代理店のサービス内容は業者によって大きく異なりますが、しばらく代理店と一緒に運用していれば、自然とIndeedのシステムに対する知識が身についてくるはずです。ノウハウが身についてきたら、自社運用に切り替えても良いでしょう。

求人・採用に関すること、まるごと相談にのります!

採用でお悩みのご担当者様、
どんなことでもお気軽にお問い合わせください。