Google、コアアルゴリズムのアップデートを6月3日(US時間)に予定

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Google、コアアルゴリズムのアップデートを6月3日(US時間)に予定
Googleは、検索アルゴリズムに関する新たなアップデートを2019年6月3日(US時間)リリースすると発表しました。このコアアップデートは、Googleの検索結果での検索結果のランク付けと表示方法に影響します。

Googleによる発表

2019年6月2日(日)13:00、Googleは

「明日は、年に数回行うように、広範なコアアルゴリズムのアップデートをリリースします。
これは"2019年6月のコアアップデート"と呼ばれています。
このようなアップデートに関する私たちのガイダンスは以前に説明したとおりです。」

とツイートしました。

下記がGoogleの公式ツイートになります。

直近の更新

Googleはこれまでにも数か月に1回程度の頻度でコアアップデートを行っています。なお前回のコアアップデートは2019年3月でした。



今回の更新の影響範囲は?

Googleの検索に関する専門家であるDanny Sullivan氏は、前回のアップデートと比較して今回のアップデートに特に「大きい」ものではないと述べています。
Sullivan氏によると、Googleはサイトの所有者やSEOへの通知に積極的に取り組んでいるので、人々はGoogleによる"アップデートしました"事後通告に頭を痛めることはないだろうと述べています。

 

何時にアップデートされるの

6月3日月曜日(US時間)、Googleは新しいコアアップデートを公開する予定ですとしか発表していません。詳細な更新時間の発表は未だ無いですが、更新時間になればGoogleもツイートすると思われます。


人材業界への影響

Googleしごと検索が1月に実装された際は、検索結果が大手求人媒体ばかりでした。しかし、3月の検索アルゴリズムのアップデート以降、自社採用サイトが多く表示されるケースも増えてきました。

通常のGoogle検索アルゴリズムとGoogleしごと検索(及びGoogle for Jobs)は別の検索アルゴリズムを用いているそうですが、同じGoogleなので、”ユーザーに届けたい検索結果は何か?”という方向性は同じと考えると、Googleしごと検索(及びGoogle for Jobs)にも影響はあると予想されます。


まとめ

テクニカルすぎるSEOをしていない限りは、急にGoogle検索結果及びGoogleしごと検索結果から自社採用サイトが消えることは無いと予想しています。

テクニカルすぎるSEOをして実際にGoogleしごと検索からBANされた大手求人媒体がありましたので、Googleを上手く使って人を募集したい場合は、Googleが指定しているガイドラインを遵守していきましょう。


合わせて読みたい


本メディアの運営会社である株式会社アドヴァンテージが提供する
自社採用サイトASP「JOB!BASE」では、この度 Googleしごと検索(Google for Jobs)に完全対応いたしました。(もちろんIndeedも対応済み!)

『もう少し詳しい内容を聞きたい』
『昨今の採用市場を絡めた話を聞きたい』
そういった方にぴったりの、
自社採用サイトや採用業界に特化した無料セミナーも開催しています。

自社採用サイト構築・Indeed・Googleしごと検索(Google for Jobs)・各種WEB広告などに関するご相談やお悩みにつきましては、各サービスに関する問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。


求人・採用に関すること、まるごと相談にのります!

採用でお悩みのご担当者様、
どんなことでもお気軽にお問い合わせください。